ニュース
» 2016年02月25日 07時30分 UPDATE

40の部品たち:トヨタのプリウス部品が萌えキャラに 海外サイトはドン引き (1/3)

トヨタ自動車が始めた新型「プリウス」の奇抜な広告キャンペーンが話題になっている。プリウスの部品を擬人化し、キャラを細かく設定。「さすがトヨタさんのお仕事」との声が上がる一方、海外では「理解しがたい」とも……。

[産経新聞]
産経新聞

 トヨタ自動車が始めた新型「プリウス」の奇抜な広告キャンペーンが話題になっている。登場するのは、プリウスの部品を擬人化した美少女キャラクター「PRIUS!IMPOSSIBLE GIRLS(通称・プリガー)」。ネット上では「血迷ったかトヨタ!?」の声が上がる一方で、キャラクター全員に性格を設定し、人気女性声優に声を担当させる“本気度”に「さすがトヨタさんのお仕事」との声も。海外でも賛否両論を巻き起こしている。

「さすがトヨタさん」

 軍艦を「艦娘」と呼ばれる美少女の姿で描いたゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」が大ヒットしたが、トヨタが美少女にしたのは、エンジンや四輪駆動システム、サスペンションなど新型プリウスの40の部品たち。「絵師」と呼ばれる有名クリエイターがイラスト化し、各部品にまつわるせりふやキャラクターの性格も細かく設定した。

 例えば、最大熱効率40%を実現した「2ZR−FXEエンジン」はせりふが「さあ、私たちと走ろう」で、性格は「常に前向きに仲間を鼓舞し、ほぼすべての動きに関わる中心的存在。クールな外見の内に熱いものを秘めている」。

ハイブリッド車に欠かせない「パワーコントロールユニット」のせりふは「ちっちゃいからって、なめないでよね」。制振材の設定などで上質な音を演出した「ドア閉まり音」の性格は「重厚な中にも高貴さを感じるお嬢様」――といった具合だ。

 10の部品については声を花澤香菜さんや悠木碧さん、日高里菜さんら人気声優が担当。テレビCMやラジオCMのほか、サイト上では各部品の紹介やゲーム、プリウスの試乗者の感想を歌詞にした曲なども公開している。

ks_moe01.jpg 「2ZR−FXEエンジン」を擬人化したキャラクター
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ