ニュース
» 2016年02月26日 07時30分 UPDATE

新幹線で短縮28分:何のための新幹線? JR九州、長崎ルートに途中で乗り換え案 (1/3)

JR九州は24日、九州新幹線長崎ルートについて、途中の武雄温泉で在来線と新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」で平成34年春に暫定開業させる案を与党に示した。

[産経新聞]
産経新聞

 JR九州は24日、九州新幹線長崎ルート(博多−長崎)について、途中の武雄温泉で在来線と新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」で平成34(2022)年春に暫定開業させる案を与党に示した。在来線と新幹線のどちらも走れるフリーゲージトレイン(FGT、軌間可変電車)の開発が遅れており、開業時に必要な車両数を確保できないための対応。

新幹線で短縮28分、費用対効果は 肝心のフリーゲージも走行3万キロはや不具合

 国土交通省は、フリーゲージトレインについて、暫定開業時に導入可能な1〜2編成を使って博多−長崎の直通運転を実施し、リレー方式と併用したい考えだ。

 ただ鹿児島ルートと共用する博多−新鳥栖に乗り入れるためのシステム改修も、34(2022)年春に間に合わない。このためフリーゲージトレインも、博多−新鳥栖は在来線を走ることになる。

 JR九州が検討するリレー方式では、博多−武雄温泉は在来線の特急、武雄温泉−長崎は新幹線車両に乗ることになる。直通運転に比べ、乗客の利便性は劣るが、武雄温泉−長崎を早期に活用することで、沿線や九州全体への波及効果が期待できるとした。

ks_shinkansen01.jpg 長崎新幹線の開業に向けて試験走行するフリーゲージトレインの車両
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ