ニュース
» 2016年03月10日 07時54分 UPDATE

「逆打ち」で御利益3倍:弘法大師に会えるかも? “お遍路さん”60年に1度の商機を狙え (1/3)

四国八十八カ所の霊場を巡る“お遍路さん”が注目されている。旅行各社は需要増を見越してプランを投入し、地元ホテルは商機に期待を高めている。

[産経新聞]
産経新聞

 四国八十八カ所の霊場を巡る“お遍路さん”が旅行会社などの注目を集めている。なぜなら平成28年はうるう年で、88番札所から1番へと逆に巡る「逆打ち」で弘法大師・空海の御利益が3倍になるとの言い伝えがあるからだ。うるう年の巡礼者は通年の数倍に上るともいわれる。しかも逆打ちで弘法大師に巡り会えたという伝説が残る60年に一度の丙申(ひのえさる)にもあたり、旅行各社は需要増を見越してプランを投入し、地元ホテルは商機に期待を高めている。(田村慶子)

 「お遍路を始める人の多くが定年退職や子育てを終えた中高年者です」

 阪急交通社広報担当の明石純子さんは、こう説明する。「お遍路は晩年の人生をより良いものにする終活の場でもある」という。

 功徳を求める巡礼者にとって今年は特別な年だ。うるう年は88番札所の大窪寺(香川県さぬき市)から逆に巡る「逆打ち」により、御利益が3倍になるといわれる。それだけでなく、丙申の年に逆打ちで弘法大師に巡り会えたとの言い伝えもあり、「丙申の今年は60年に一度の好機」と明石さんは話す。

ks_ohenro01.jpg お遍路さんの団体=香川県さぬき市
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -