ニュース
» 2016年03月11日 07時32分 UPDATE

大阪・京橋で40年以上:京橋のダイエー「イオン」に 大阪の旗艦店に惜しむ声も (1/2)

大阪・京橋で40年以上に渡って親しまれてきたスーパー大手ダイエーの旗艦店「京橋店」が10日、「イオン」としてリニューアルオープンした。「ダイエー」の“看板”が消えることに、地元からは惜しむ声も聞かれた。

[産経新聞]
産経新聞

 大阪・京橋で40年以上に渡って親しまれてきたスーパー大手ダイエーの旗艦店「京橋店」(大阪市都島区)が10日、「イオン」としてリニューアルオープンした。経営再建中のダイエーは、衣料や家具など幅広い商品を扱う大型店舗の運営から手を引き、親会社のイオンへの引き継ぎを進めている。ただ、京橋から「ダイエー」の“看板”が消えることに、地元からは惜しむ声も聞かれた。(大島直之)

 「ダイエー、イオンそれぞれが持つ良い部分を融合し、これまで以上に身近で頼りになる店にしたい」

 10日に行われたリニューアルの式典で、イオンリテールの後藤俊哉・取締役専務執行役員はこう訴えた。

 ダイエーは昭和32年、故中内功氏が創業し、「よい品をどんどん安く」を旗印に拡大路線を突き進んだ。46年11月開業の京橋店はJR京橋駅などに隣接し、地上5階建てで、東館、西館の2棟で構成。創業地の千林商店街(旭区)に近く、大阪では長年、ダイエーの旗艦店として親しまれてきた。

ks_daiei01.jpg オープニングセレモニーで除幕されイオン京橋店のパネル=10日午前、大阪市都島区
       1|2 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ