ニュース
» 2016年03月28日 07時30分 UPDATE

コンビニ39店舗を調査:一番虫が集まるコンビニはサークルK チェーンごとに違う謎、中学生が解明 (1/2)

コンビニの種類によって、集まる虫も違う。津市の中学生、西川充希君(13)が2015年の夏休みの自由研究で、自宅の半径10キロ圏内にあるコンビニ39店舗を調べ、照明の違いが原因となっていることを突き止めた。

[産経新聞]
産経新聞

 コンビニの種類によって、集まる虫も違う。津市の中学生、西川充希君(13)が2015年の夏休みの自由研究で、自宅の半径10キロ圏内にあるコンビニ39店舗を調べ、照明の違いが原因となっていることを突き止めた。研究をサポートした三重県総合博物館(みえむ)の学芸員大島康宏さん(38)は「身近な疑問を突き詰める姿勢が素晴らしい」と高く評価している。

 充希君は27日、大阪府内で開かれた日本昆虫学会と日本応用動物昆虫学会の合同大会で、研究成果をまとめたポスターを発表。充希君は「時間帯によって来る虫が違うなど、いろんな先生からアドバイスをもらった。次の自由研究で取り組んでみたい」と刺激を受けた様子だった。

 2015年6月、父親が「仕事帰りに寄ったコンビニで車に付いてきた」とゴマダラカミキリを持ち帰ったのが、研究を始めるきっかけ。1学期の終業式の夜に、そのコンビニに行ってみると、店の前で、たくさんの虫が飛び交っていた。しかし、「もっと捕まえられるかも」と足を延ばした別のコンビニでは、虫はほとんどいなかったという。

ks_musi.jpg 西川充希君が作った、コンビニチェーンごとにまとめた昆虫の標本(三重県総合博物館提供)
       1|2 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ