ニュース
» 2016年03月30日 08時00分 UPDATE

投資額100億円のアトラクションも:限界に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”はあるか (1/3)

USJの入場者数が、過去最高を記録した前年度の1270万人を突破した。

[産経新聞]
産経新聞

 大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の平成27年度の入場者数が、映画「ハリー・ポッター」エリアの開業効果で過去最高だった前年度の1270万人を突破した。年間では1380万人前後になるとみられ、1500万人程度とされる収容可能人数に迫るにつれて混雑が目立つ。

 運営会社のジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)は「あと年300万〜400万人増やすことができる」と述べたが、周辺に空き地などが見当たらないなか、今度はどんな“魔法”をみせるのだろうか。(阿部佐知子)

過去最高更新

 18日、USJに今月末の開業15周年を記念した大型アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」が登場した。

 「絶叫マシンが好きな人にも満足してもらえる」と運営会社幹部が自信をみせるアトラクションは投資額100億円。全長1240メートルで、高低差は最大37.8メートル。レールからつり下げられたタイプのフライングコースターとしては全長、高低差ともに世界一だ。恐竜に背中を捕まれて振り回されるテレビCMが話題を呼んだこともあり、初日は開園して数十分で入場の列に並ぶのを締め切った。

ks_usj01.jpg USJの新アトラクション「フライングダイナソー」=大阪市此花区(南雲都撮影)
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ