ニュース
» 2016年03月31日 07時15分 UPDATE

明るい1年となるか:「将来の展望見えない!」 マック株主の怒り爆発

日本マクドナルドホールデングスは29日、定時株主総会を開き、サラ・カサノバ社長兼最高経営責任者らの再任を決議。業績不振の長期化について、株主からは「将来の展望が全く見えない」など不満の声も上がった。

[産経新聞]
産経新聞

 日本マクドナルドホールデングス(HD)は29日、東京都内で定時株主総会を開き、サラ・カサノバ社長兼最高経営責任者(CEO)らの再任を決議した。ただ、賞味期限切れ鶏肉問題や異物混入問題などに伴う業績不振の長期化について、カサノバ社長は「重く受け止めている」としたものの、株主からは「将来の展望が全く見えない」など不満の声も上がった。

 カサノバ社長は「平成27年後半から勢いを取り戻しており、28年は明るい1年になると確信している」とあいさつ。「回復を遂げて、中期的な成長を実現する」と述べ、平成28年以降の業績回復に意欲を示した。

 業績改善に向けた具体策として、消費者からの意見聴取や不採算店舗の閉鎖などを説明。28年は引き続き品質管理を徹底するほか、500〜600店を改装する計画を示した。ただ、既に発表した内容にとどまり、新味はなかった。また、米国本社による日本マクドナルドHD株売却の進捗状況についても、株主から質問がなされた。だが会社側からは、明確な回答がなされなかった。

 このため株主からは、「(経営陣は)表面的な説明だけで、将来の展望は全く見えなかった」(70代男性)や「一度失った信頼を取り戻すのは容易ではない。信頼回復にはまだ時間がかかる」(40代男性)と不満の声が上がった。総会は取締役の選任など会社提案の5議案を可決し、27年より9分短い2時間34分で閉幕した。

 足元では、名称を公募した新商品のハンバーガーや、期間限定商品のなどの効果で、27年12月以降、既存店売上高は前年比プラスに転じている。だが、賞味期限切れ鶏肉問題や異物混入問題の発覚前の水準には達していない。カサノバ社長の“宣言”通り、明るい1年になるかは不透明だ。(松元洋平)

ks_mac01.jpg 日本マクドナルドホールディングスの株主総会に詰めかけた株主ら=29日、東京都千代田区

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ