ニュース
» 2016年04月04日 12時18分 UPDATE

毎日新聞とWall Street Journalが本格提携 毎日会員がWSJの閲覧可能に

毎日新聞の有料会員がWall Street Journalを追加料金なしで読めるサービスがスタート。

[ITmedia]

 毎日新聞社は4月4日、米経済紙Wall Street Journal(WSJ)の日本語版を含む各国語の記事を、毎日新聞のデジタル版会員が追加料金なしで読めるサービスを始めた。

 2014年2月に、WSJを発行するDow Jonesと結んだ包括提携による新サービス。毎日新聞の有料サービスにログインした状態でWSJ特設ページにアクセスし、個人設定などを入力するとWSJの記事が読めるようになる。日本語版に加え、英語の米国版、欧州版、アジア版、インド版、中国語版など各地域・言語のWSJサイトを閲覧できるという。

photo 提携記念キャンペーンを展開=毎日新聞のサイトより

 毎日新聞は昨年6月、ニュースサイトを原則有料化し、電子新聞サービス「デジタル毎日」(税別月額3200円)をスタートした。経済・ビジネス記事の拡充で、読者拡大を図る。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集