コラム
» 2016年04月19日 06時30分 UPDATE

マネーの達人:高齢者と若者の「困った」を解決する、シェアハウスのカタチ (1/3)

高齢者の住居に学生が同居するホームシェアがあります。高齢者と学生のホームシェアには、どんなメリットがあるのでしょうか。

[藤なつき,マネーの達人]
マネーの達人

 日本の大きな社会問題である少子高齢化。

 「子どもを育てにくい」「高齢者へのケアが行き届かない」。日本の福祉対策は問題が山積する中、高齢者の独り暮らしによるトラブルを軽減できるある取り組みが注目されています。

 その取り組みを始めたのはフランス。きっかけは2003年の猛暑、フランス全土で1万5000人の人が亡くなり、その多くが独り暮らしの高齢者だったのです。

フランスのホームシェア

 高齢者の住居に学生が同居するホームシェア。高齢者と学生のホームシェアには、どんなメリットがあるのでしょうか。

  • シニアの孤立化や孤独死などを防ぐ
  • 学生の生活費、保護者の仕送りなどの負担を軽減できる
  • 行政の見守り対策のコスト削減
  • 地域の高齢化を防ぐ

 当事者同士だけではなく、行政にもプラスの効果をもたらす作用があるのです。フランスのシステムはNPOが仲介し、以下の順序でホームシェアへとつなげていきます。

登録料の支払い

   ↓

趣味、嗜好、ポリシーなどを事前調査

   ↓

NPOが間に入り、条件の合う人同士が複数回面接を重ねる

   ↓

マッチングに成功しホームシェアに至った場合、NPOに仲介料を支払う


 また、ホームシェアにあたっての具体的な条件は以下になります。

  • 家賃が無料:週6日一緒の夕食と夜間在宅
  • 家賃が格安:週1日一緒の夕食と夜間在宅。買い物支援などの追加条項の契約が可能
  • 家賃が下宿と同等:部屋のみ提供。一緒の食事、夜間在宅の条件なし

 NPOの担当者が定期的に訪れ、双方の状態や意見をチェックします。契約を破るとホームシェアが解約となる場合もあります。

ks_sharehouse01.jpg
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集