ニュース
» 2016年04月19日 11時22分 UPDATE

丸紅、最終益1200億円減の下方修正 資源価格下落で減損

丸紅が最終益見通しを1200億円下方修正。資源価格の下落に伴い関連事業で減損を迫られるのが要因。

[ITmedia]

 丸紅は4月18日、2016年3月期の連結最終利益を下方修正し、前回予想から1200億円減の600億円にとどまる見通しだと発表した。資源価格下落に伴い関連事業で減損損失を迫られるのが要因。

 チリの銅事業で350億円、オーストラリアの鉄鉱石事業で200億円、米国などの石油・ガス事業で150億円を減損処理する上、利益を押し下げる。海外プラント案件の損失引当なども利益を押し下げる。

 売上高は前回予想の12兆5000億円を据え置くものの、営業利益は前回予想から100億円減の1200億円になる見通しだ。

 大手商社では、資源価格の下落に伴う減損処理で利益の下方修正を迫られるケースが相次いでいる。

photo 丸紅は最終益見通しを1200億円下方修正した

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集