コラム
» 2016年04月27日 07時04分 UPDATE

SWOT分析:マーケティングなんてカンタンだ! 間違いがちなフレームワークを総点検 (1/4)

本稿では、非常にポピュラーな割には誤用が散見され、ともすると「ミスリード製造器」ともなりがちなSWOT分析を取り上げる。

[金森努,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

 筆者の独断と偏見から言い切ってしまうと、「下手なSWOTやらぬが花」である。安易に使ってはいけない。前回取り上げた3C分析をしっかりやる方が遙かに正しい分析ができる。しかし、それでもSWOTが勝っている点もある。それは、正しく用いれば分析結果として「戦略の方向性」がはっきり見えてくることだ。

【目的】

 自社の戦略の方向性を明確化すること。

【ゴール】

 外部環境の機会・脅威を洗い出し、そこで生かすべき自社の強みと克服すべき弱みをメッセージ化して、誰にでも「戦略の方向性」が理解できるようにすること。

【基本構造】(図1)

 内部環境=Strength(強み)/Weakness(弱み)・外部環境=Opportunity(機会)/Threat(脅威)の4要素(頭文字を取ってSWOT)。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集