ニュース
» 2016年05月10日 16時39分 UPDATE

夏のボーナス「支給額アップに期待」はたったの2割

マクロミルが今年の夏のボーナスに関する調査結果をまとめた。

[ITmedia]

 今年の夏のボーナスは増えると思いますか?――勤め先にボーナス制度がある男性に聞いたところ、「増えると思う」が22%、「減ると思う」が21%という調査結果が出た。支給額アップを期待している人は少ないようだ。

 マクロミルが20〜69歳の男性1165人の回答をまとめた。

photo 夏のボーナスが増えると思う人の割合(出典:マクロミル)

 世代別では、「増えると思う」と答えた人は20代が31%、30代が23%、40代が19%、50代で13%と、年齢が上がるにつれてボーナス支給額アップへの期待値が減少した。

 支給額を予想してもらったところ、最も多かったのは「30万円以下」(35%)。次いで「30〜50万円未満」(24%)、「50〜100万円未満」(23%)となった。世代別では、20代の約半数が「30万円以下」(48%)と答えたのに対し、50代では「50〜100万円」(33%)が一番多い結果となった。

photo 夏のボーナスの支給見込み額(同)

 ボーナスの使い道は、「貯蓄」(45%)、「ローン返済」(34%)などが多く、旅行や買い物、外食などの「娯楽」は全体の20%にとどまった。

 4月14〜15日にインターネットを使って調査した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集