ニュース
» 2016年05月18日 17時09分 UPDATE

“ブラックバイト”、高校生の約3割がトラブル経験 厚労省調査

厚労省の調査で、バイトをした高校生の3割超が労働条件などのトラブルを経験していることが分かった。

[ITmedia]

 厚労省が5月18日発表した高校生のアルバイトに関する調査結果によると、バイト経験のある高校生のうち32.6%が労働条件などのトラブルを経験していることが分かった。

 「採用時に合意した以上のシフトを入れられた」「テスト期間に休みがもらえなかった」など、シフトに関するものが多かったが、「賃金の不払いがあった」「休憩時間をもらえなかった」「深夜労働をさせられた」といった法律違反の疑いがあるものもあった。

 また、60%が労働条件通知書などの労働条件に関する書類を渡されず、口頭でも説明を受けたことがないケースも18%に上った。

 長時間労働などを強いる“ブラックバイト”が社会問題化しており、厚労省は調査結果を踏まえ、事業主団体への要請や、高校関係者への周知・啓発を強化するとしている。

 昨年12月から今年2月にアンケート調査を行い、1854人から回答があった。

photo マンガによる労働法の周知活動も実施(出典:厚労省)
photo 高校生のアルバイトに関する意識等調査結果を発表(同)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集