連載
» 2016年05月26日 08時00分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:タレント女性の刺傷事件! スポーツ界にも衝撃が走っている  (1/4)

タレントで大学生の女性が、刃物で首や胸などを刺された――。ショッキングなニュースが世間を震撼させているが、こうした事件は他人事なのか。プロのスポーツ界は決して他人事ではなく……。

[臼北信行,ITmedia]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


 ショッキングなニュースが世間を震撼(しんかん)させた。タレントで大学生の冨田真由さんが刃物で首や胸などを20カ所以上も刺された事件だ。傷害容疑で逮捕された岩埼友宏(いわさき・ともひろ)容疑者は警察の取り調べに対し、冨田さん宛にプレゼントを贈ったものの送り返されたことに腹を立て、それが動機となって殺すつもりで事件を引き起こしたと供述しているという。

 岩埼容疑者は以前から冨田さんの熱心なファンで、彼女のTwitterに今年1月ごろから誹謗中傷まがいの内容も含め執拗(しつよう)に書き込みを続けていたことが確認されている。こうした同容疑者の異常行為に冨田さんが頭を悩ませ、つい最近も警視庁に相談していたほど。それでも惨劇は未然に防げなかった。

 この事件は音楽・芸能関係だけでなく、各方面に大きな衝撃を与えている。スポーツ関係に携わる多くの関係者たちも「対岸の火事ではない」と口をそろえているのが現状だ。特にスポーツイベントに出場するプロ・アマ選手たちは、TwitterなどSNSを通じて面識のないファンと比較的交流しやすい状況だからこそ、注意すべきことがあるのだろう。

 小金井市の事件があった翌日。プロ野球のデーゲーム取材に行くと、あるパ・リーグ球団のロッカールームではこの事件の話題で持ち切りだった。その球団のベテラン選手は、次のように本音を打ち明けている。

 「あの事件をニュースで知って全身が凍りついた。ファンの人たちに支えられているのは、被害者の人も自分たちプロ野球選手も同じ。応援してくれている人たち全員が節度を保ってくれればいいけれど、それはどうしても自分たちがコントロールできる問題ではないので、やっぱり怖いところはある」

 この事件の被害者である冨田さんは、芸能活動をしていてファンと接する機会が多かった。もちろんプロスポーツ選手たちの場合も、セキュリティがかなり厳しくなっている。しかし昨今のプロスポーツ界はサイン会や握手会などファンサービスの徹底化を図る動きが活発になっていることから、以前よりも個々のファンと“フェース・トゥ・フェース”になるケースが増えているのも事実だ。

SNSを通じてファンと選手が交流しやすくなっているが……(写真と本文は関係ありません)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集