ニュース
» 2016年06月28日 14時38分 UPDATE

味の素、中華スープの一部に別商品が混入 7万4280袋を自主回収

味の素は、「中華スープ」の一部に「ホウレンソウ草とベーコンのスープ」が混入していたとして、対象の7万4280袋を自主回収する。

[ITmedia]

 味の素は6月27日、家庭向け商品「クノール 中華スープ」の一部に「クノール ほうれん草とベーコンのスープ」が混入していたとして、対象の7万4280袋を自主回収すると発表した。

 混入した「ほうれん草とベーコンのスープ」は品質管理基準はクリアしているが、「中華スープ」に含まれていないアレルゲン(豚肉)を含む原材料を使用しているという。

 対象は、パッケージ底面の賞味期限欄に「2017.5.21」「2017.5.23」「2017.5.31」のいずれかの日付の記載があるもの。

photo 「クノール 中華スープ」

 5月20日に「中華スープ」の包材を使用して「ほうれん草とベーコンのスープ」のテスト生産を行っていたが、誤って翌日以降の販売商品にも使用。6月20日に客から「中身の違うスープが混じっている」と問い合わせがあり、混入が分かった。

 購入者には着払いで同社に送付するよう呼び掛けている。同社は「今後は、製品管理体制の一層の強化を図り、再発防止に努める」と謝罪している。

photo 「クノール ほうれん草とベーコンのスープ」
photo ニュースリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集