ニュース
» 2016年10月25日 15時15分 UPDATE

デンソー、車載用画像センサーを高性能化 夜間の歩行者認識を可能に

デンソーは、車載用画像センサーにソニー製イメージセンサーを搭載し高性能化したと発表。夜間の歩行者認識が可能になった。

[ITmedia]

 デンソーは10月25日、カメラで道路上の障害物などを識別する車載用画像センサーを高性能化し、夜間の歩行者認識を可能にしたと発表した。ソニーセミコンダクタソリューションズ製イメージセンサーを搭載することで、カメラの撮影性能や画像認識性能を高めた。

photophoto 高性能化した画像センサーを用いた夜間の歩行者の撮影画像(左)と従来品の撮影画像

 ソニーのイメージセンサーは「裏面照射方式」により、高感度で、光量が少ない夜間でも正確に被写体を撮影できるのが特徴。デジタルカメラやスマートフォン、監視カメラなどに多く採用されている。

 デンソーはソニー製イメージセンサーを車両搭載するため、搭載性、耐熱性、耐振性などを向上。車載用として必要な品質を高めた。

 また、ソニーの画像処理専用半導体を活用し、夜間に歩行者を認識しやすく撮影できるようにした。ノイズを減らすノイズリダクション機能やカメラ露出の設定を最適化し、認識性能を向上させた。

 日本、欧州の自動車アセスメント「New Car Assessment Program(NCAP)」の安全性能評価基準では、自動ブレーキによる衝突回避の対象に歩行者を加えることを検討している。今回、デンソーが開発した画像センサーはこの基準に対応しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集