ニュース
» 2016年11月02日 16時59分 UPDATE

VRで江戸時代の景色を楽しめる「タイムスリップタクシー」が登場

日の丸リムジンは、VR技術を活用して江戸時代の街並みを鑑賞できるツアー形式のサービス「タイムスリップタクシー」の開始を発表した。

[ITmedia]

 ハイヤー・タクシー事業を展開する日の丸リムジン(東京都文京区)は11月10日から、仮想現実(VR)技術を活用した史跡探訪ツアー「タイムスリップタクシー」を始める。

 大名屋敷、町人街、町奉行所、寺院などの都内の歴史的観光スポットをタクシーで巡るサービス。乗客は、タクシーが史跡を通過する際に専用のタブレットを景色にかざすと、VR技術によって再現された江戸時代の風景を鑑賞できる。コンテンツは凸版印刷が製作した。

photophoto ツアーでの観光案内図となる古地図=左、タブレットをかざして往時の史跡を鑑賞する様子=右

 皇居・銀座・築地などを巡る「江戸城コース」(約1時間)と、吉良上野介屋敷跡や泉岳寺など赤穂浪士ゆかりの地を巡る「忠臣蔵コース」(約3時間半)の2種類。それぞれテスラの電気自動車(EV)で、料金は12月末までは江戸城コースが5000円、忠臣蔵コースが1万6000円。

photo VRで再現された江戸城天守閣。本来は約350年前に焼失している

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集