ニュース
» 2016年11月10日 13時00分 UPDATE

マツダ、ハードトップの「ロードスターRF」発表 324万円から (1/2)

マツダが電動格納式ハードトップを採用した「ロードスターRF」を正式発表。12月22日に発売する。

[ITmedia]

 マツダは11月10日、小型オープンスポーツカー「ロードスター」に電動格納式ルーフを採用したハードトップモデル「ロードスターRF」を12月22日に発売すると発表した。価格は324万円(税込)から。

photo マツダ ロードスター RF 「VS」 ソウルレッドプレミアムメタリック
photo

 ライトウェイトFR(後輪駆動)スポーツの新型。従来のロードスターが手動で装着する幌(ソフトトップ)を装備しているのに対し、金属製ルーフ(ハードトップ)をスイッチ操作だけで開閉できる電動格納式機構を採用しているのが特徴。小飼雅道社長は「今まで以上に多くのお客様にオープンカーの楽しさをお届けできる」とコメントしている。

photo 「ファストバック」スタイル

 ルーフを閉めている状態では、ルーフから車両後端までなだからに傾斜する「ファストバック」スタイルが美しいシルエットを描く。ルーフは約13秒と、電動ハードトップの市販車としては「世界最短」で開閉できるという。

photo 電動格納機構
photo インテリア

 エンジンは専用チューニングを施したSKYACTIV-G 2.0を縦置きし、116キロワット(158PS、6000rpm)/200N・m(20.4kgf・m、4600rpm)を発生。足回りの専用チューニングにより、ハードトップらしい上質でしなやかな走りになっているという。燃費(JC08)は15.6キロ/リットル。

 価格(税込)は、ベースグレードの「S」がMT 324万円/AT 326万1600円、「VS」がMT 357万4800円/AT 359万6400円、「RS」がMTのみ373万6800円。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集