ニュース
» 2016年11月25日 05時30分 UPDATE

900億円規模に拡大:オーディオブックは出版界を活性化するか? (1/3)

本を音声データにして耳で楽しむ「オーディオブック」が、この2年ほどで利用者が急増、拡大の兆しをみせている。“ながら聴き”という読書スタイルが支持され、有望市場に成長すれば、低迷する出版業界が活性化しそうだ。

[産経新聞]
産経新聞

 本を音声データにして耳で楽しむ「オーディオブック」が拡大の兆しをみせている。スマートフォンの普及で「いつでもどこでも聴ける」環境が整い、芥川賞作品やベストセラーなど人気書籍も相次いで音声化。この2年ほどで利用者が急増している。米アマゾン傘下で世界最大の配信サービス会社が日本市場に参入したのも追い風だ。“ながら聴き”という読書スタイルが支持され、有望市場に成長すれば、低迷する出版業界が活性化しそうだ。

米アマゾン系上陸

 「世界の利用者は年40%増を続けている。2016年のオーディブル利用時間は20億時間で、2年前の2倍だ」

 アマゾン傘下の米オーディブルのベス・アンダーソン副社長はこう述べ、胸を張る。世界最大のオーディオブックサービスの同社は2015年7月、日本に初上陸。月額1500円で聴き放題の定額配信サービスを打ち出し、話題を呼んだ。

 オーディブルはスマートフォンやPCにアプリをダウンロードすれば、いつでもどこでも対象書籍を聴くことができる。大手出版社と契約を重ね、今では1万冊以上を配信する。今月は俳優の風間杜夫さんが朗読する「ハリー・ポッター」シリーズ全巻の配信を発表した。

 米独仏など7カ国に拠点を置くオーディブルだが、定額配信サービスは日本市場が最初だ。欧米に比べて日本はオーディオブックになじみが薄い。アンダーソン氏は「(定額化は)とにかく試してもらうため。使ってもらえればユーザーは広がる」と自信をみせる。

オーディブルが「ハリー・ポッター」シリーズを配信。俳優の風間杜夫さんが朗読する=9日、東京・北青山
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -