ニュース
» 2016年11月29日 13時45分 UPDATE

運行は継続:青森県の南部バスが民事再生申し立て

青森県の南部バスが民事再生を申し立てた。路線バスの運行は継続する。

[ITmedia]

 青森県南部を地盤に路線バスなどを運行している南部バス(青森県八戸市)は11月28日、民事再生法の適用を東京地裁に申請した。東京商工リサーチによると、負債総額は約26億円。同社によると、路線バスや高速バスの運行は継続する。

photo 民事再生申し立てを告知する南部バスのWebサイト

 1931年(昭和6年)にバス事業に参入し、八戸市など青森県南部を中心に路線バスや観光バス、高速バスなどを運営。2000年ごろまでは年間20億円超の売上高があったが、乗り合いバスの採算割れなどで赤字が慢性化。15年3月期には売上高が13億8688万円まで落ち込み、債務超過が約22億円まで膨らんでいたという。

 報道によると、全事業を隣県の県北バス(盛岡市)に譲渡する方向で協議しているという。

 南部バスは自社Webサイトで「ご利用のお客様にはご心配をおかけしますが、当社従業員一同、今後も安全運行に留意し、笑顔と元気で頑張ってまいります」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集