コラム
» 2016年12月12日 15時15分 UPDATE

マネーの達人:これから起こる「トランプリスク」とは (1/6)

ドナルド・トランプ氏が米国の第45代大統領に決まりました。選挙期間中の発言をもとに、トランプ氏が大統領に就任した際のリスクを考えてみましょう。

[原彰宏,マネーの達人]
マネーの達人

 米国の選挙制度の関係で、各州の獲得選挙人の数でトランプ氏が勝利しました。一般投票ではわずかな差でヒラリー・クリントン氏が勝っていたので民意はクリントン支持と言えるのかもしれませんが、それだけ接戦だったことが伺えます。ただ、これが大きな話題になっていないことが、クリントン氏の人気のなさを表している気もします。

 同時に、選挙が終わっても反トランプ運動が全米で繰り広げられていることに、今の米国社会が抱えている問題があるように見受けられます。人種差別を容認するかのような発言を繰り返す人を、自国のトップに選ばなければならないというのが今の米国なのでしょう。

 トランプ大統領の誕生は、日本そして世界に何をもたらすのか。それをひもとくには、まずは彼が勝利した背景を知る必要があります。

ドナルド・トランプ氏が選ばれた理由

 トランプ氏勝利の布石は、実は大統領選挙予備選から見受けられました。それは民主党候補者争いの中で、超左派といわれたバーニー・サンダース氏が善戦したことです。彼の主張は今までの米国の在り方を否定するもので、まさに社会主義国家を目指していたかのようでした。

  • 教育費の無償化
  • 富の再分配強化

 これだけを見ても、第二次世界大戦後のソ連をほうふつとさせる内容です。右と左、入り口は違っても行き着く先は中間層や低所得者層の救済でした。手法は異なりますが、同じような内容をトランプ氏は訴えています。この1点に全米が動いたと言っても過言ではありません。

(出典:ドナルド・トランプのFacebook)
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

マーケット解説

- PR -