ニュース
» 2016年12月16日 14時19分 UPDATE

国内販売も堅調:トヨタ、世界販売1020万台計画 2017年

トヨタ自動車は、グループの2017年(1〜12月)の世界販売台数を1020万2000台とする計画を発表。4年連続の1000万台超えを目指す。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は12月15日、ダイハツ工業と日野自動車を含むグループの2017年(1〜12月)の世界販売台数を1020万2000台とする計画を発表した。16年の実績見込みから1%増やし、4年連続で1000万台超えを目指す。新型車を中心に、国内外で販売台数の上積みを見込む。

photo 12月に発売した新型SUV「C-HR」

 販売計画の内訳は、国内が16年見込み比1%増の223万4000台、海外が1%増の797万9000台。12月に発売したスポーツタイプ多目的車(SUV)「C-HR」がグローバルで販売をけん引しそうだ。

 トヨタ単体の国内販売は、2%増の160万台の計画。16年実績は前年比5%増の157万台の見込みで、17年も引き続き販売台数増加を目指す。15年末に発売した新型「プリウス」の販売が好調に推移しているほか、11月に発売した小型車「ルーミー」「タンク」、12月に投入したC-HRなどの効果を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

マーケット解説

- PR -