ニュース
» 2017年01月10日 15時36分 UPDATE

ミニバン初の10速AT:ホンダ、北米向け新型オデッセイを初披露

ホンダは、北米向けミニバンの新型「オデッセイ」を北米国際自動車ショーで初披露した。

[ITmedia]

 ホンダは1月10日、米ミシガン州デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、北米向けミニバンの新型「オデッセイ」を初披露したと発表した。今春に米国で発売する。

photo 北米向け新型「オデッセイ」

 新型オデッセイには、新開発の10速オートマチックトランスミッション(AT)をミニバンとして初めて採用。上級グレードに標準装備する。また、主要グレードには安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を標準装備。車間距離を保ちながら走行するアダプティブ・クルーズ・コントロールや車線維持支援システムなどの機能がある。

 先代モデルと同様に、使い勝手の良さを追求した装備や機能を搭載した。2列目シートには、中央席を取り外して左右の座席を横にスライドできる「マジックスライド」を採用。状況に応じた多様なシートアレンジを可能にした。また、ドライバーがスピーカーやヘッドフォンを使って後部座席の乗員に話しかけることができる機能「キャビントーク」も搭載した。

photo 北米向け新型「オデッセイ」

 オデッセイの北米専用モデルは、1994年の発売以来、米国内で累計約250万台を販売。2010年以降は、米国におけるミニバン販売台数で7年連続トップを維持してきた。

 新型車は北米向けオデッセイの5代目となる。生産拠点は米アラバマ工場。10速ATについては、ジョージア州のトランスミッション工場で生産する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ