ニュース
» 2017年01月11日 13時08分 UPDATE

新型効果で:プリウスが4年ぶり首位 16年新車販売

2016年の国内新車販売台数はトヨタ「プリウス」が4年ぶりの首位。

[ITmedia]

 2016年(1〜12月)の国内新車販売台数は、トヨタ自動車「プリウス」が前年比94.9%増の24万8258台で、4年ぶりにトップとなった。15年12月に投入された新型車が寄与した。軽自動車ではホンダ「N-BOX」が2年連続の首位だった。

photo 2016年に最も売れたトヨタ「プリウス」

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1月11日発表した。

 ホンダのN-BOXは、登録車を含めた全体では2位。0.8%増の18万6367台だった。11年の発売以来、フルモデルチェンジを実施していないが、安定した人気を維持している。

 3位はトヨタ「アクア」で、22.0%減の16万8208台。小型車市場では依然として人気が高いが、15年の首位からは後退した。

 4位はダイハツ工業の軽「タント」で、1.1%減の15万5998台だった。5位はトヨタ「シエンタ」。15年夏に発売した新型車効果で、96.9%増の12万5832台だった。

2016年の国内新車販売台数
車名 台数
1 プリウス(トヨタ) 248,258(94.9)
2 N-BOX(ホンダ) 186,367(0.8)
3 アクア(トヨタ) 168,208(-22.0)
4 タント(ダイハツ) 155,998(-1.1)
5 シエンタ(トヨタ) 125,832(96.9)
6 デイズ(日産) 105,731(-29.8)
7 フィット(ホンダ) 105,662(-11.8)
8 ムーヴ(ダイハツ) 102,410(-15.2)
9 ノート(日産) 102,402(4.5)
10 アルト(スズキ) 99,715(-8.8)
台数のカッコ内は前年比増減率、単位は%

 16年12月のランキングは、ホンダのN-BOXが前年同月比25.8%増の1万4967台となり、3カ月ぶりのトップだった。プリウスは22.1%減の1万2776台で2位。11月に1位となった日産「ノート」は97.8%増の1万2403台で3位だった。

photo 2016年12月の新車販売台数でトップだったホンダ「N-BOX」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集