ニュース
» 2017年01月17日 05時30分 UPDATE

トップの退陣相次ぐ:日本でプロ経営者が定着しないワケ (2/3)

[産経新聞]
産経新聞

 また、日本には長寿企業が多い。環境の変化に敏感で人を大切にし、従業員の癖を見抜いた上でイノベーションする力に秀でている点が共通項だ。効率性を追求する欧米の会社からすれば「何でそんなところと取引を行っているのか」といった“三ちゃん経営(父ちゃん、母ちゃん、兄ちゃんの家族経営)”のような企業とも人間関係でつながり、顧客にしている点も長寿の秘訣(ひけつ)。こうした企業文化をないがしろにし、米国流経営を取り入れると齟齬(そご)を来すのは必至だ。

 一方、武元氏は「グローバル化に乗り遅れてきた歴史は、結果として日本にとっていいことばかりだった」と話す。

 その1つが、産業革命に乗り遅れたこと。米国は株式市場から資金を調達し短期間で結果を求められるようになったのに対し、日本は銀行による融資が主流となった。その結果、「『返済に長い時間を要するかもしれないが、いいものを作ってください』といった信頼関係を構築し、終身雇用に代表される日本式の経営が誕生した」。

 それでも米国式経営を求める企業は少なくない。しかし、武元氏は安易な経営姿勢に警鐘を鳴らす。

テニスの錦織圭選手(右)と握手するLIXILの藤森義明社長兼CEO(当時)=2015年11月26日、東京都内 

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

マーケット解説

- PR -