ニュース
» 2017年02月03日 12時08分 UPDATE

理系は1147万円:高校から大学までにかかる学費は975万

高校入学から大学卒業までにかかる子ども1人当たりの学費は平均975万円――日本政策金融公庫調べ。

[ITmedia]

 高校入学から大学卒業までにかかる子ども1人当たりの学費は平均975万円――日本政策金融公庫の調査でこうした結果が出た。前回(2015年11月)の調査よりも76万円増加した。

 高校卒業後、私立大に入学した場合は文系が963万円、理系が1147万円。国公立大では752万円だった。

photo 高校入学から大学卒業までに必要な学費

 年間の在学費用については、高校が75万円、高専・専修・各種学校が121万円、短大が148万円、国公立大学が101万円。私立大学は、文系が150万円、理系が190万円だった。また、自宅外通学者への仕送り額の年間平均は145万円だった。

 世帯年収に占める学費(子ども全員にかかる費用の合計)の割合は「10%以上20%未満」(35.%)が最も多かった。年収が低い世帯ほど学費の負担は重くなり、世帯年収「200万円以上400万円未満」の層では負担割合の平均が36.6%と、年収の3分の1以上を占める結果に。

photo 世帯年収に占める在学費用の割合

 2016年8月9〜23日にネットを使って調査し、25〜64歳で高校生以上の子どもを持つ保護者4700人が回答した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集