ニュース
» 2017年02月16日 15時58分 UPDATE

映像が映らなくなる場合も:マツダ「CX-5」6万7000台リコール サイドカメラに問題

マツダ「CX-5」6万7413台がリコール。

[ITmedia]

 マツダは2月16日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「CX-5」で、サイドカメラに不具合が起こる可能性があるとしてリコールを国土交通省に届け出た。対象は2012年1月〜14年9月に製造された6万7413台。

photo 初代「CX-5」

 車の直前と直左の状況を確認するサイドカメラについて、レンズ表面のコーティングが不適切なものがあり、洗浄剤や雨水などでコーティングが浸食されるとレンズ本体も浸食されて白濁化。映像が徐々に鮮明に映らなくなり、最悪の場合、周辺状況を確認できなくなるおそれがあるという。

photo リコール対象箇所=国交省のニュースリリースより

 これまでに277件の不具合が報告されているが、事故は起きていないという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集