ニュース
» 2017年03月03日 14時29分 UPDATE

財務立て直し急ぐ:東芝、東芝機械の株式売却 153億円で

東芝が、東芝機械の株式を約153億円で売却。株式は、東芝機械が自己株式として買い受けた。

[ITmedia]

 東芝は3月3日、持分法適用会社である東芝機械の株式を約153億円で売却したと発表した。米原発事業によって発生した巨額損失への対応策として実施し、財政の立て直しを図る狙い。

photo 東芝機械の株式の売却完了を通知する、東芝のプレスリリース

 売却したのは、東芝が保有する株式20.1%のうち、18.1%分(3020万7000株)。東芝機械が自己株式として取得した。約55億円(税引き前)を売却益として計上する。

 売却により、東芝機械は東芝の持分法適用関連会社から外れた。

photo 東芝機械が発表した、自社株買いを行う理由(プレスリリースより)

 東芝機械は、東芝の前身である芝浦製作所によって1938年(昭和13年)に設立。2016年3月期の連結売上高は約1172億円、連結営業利益は約38億円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集