ニュース
» 2017年03月03日 18時51分 UPDATE

19年に38億円の売上目指す:森永乳業の「アロエ入りヨーグルト」が米国進出

森永乳業が、米国でヨーグルト事業を開始すると発表。2017年7〜9月をメドに、米国向けのアロエ葉肉入りヨーグルト「alove(アラブ)」シリーズを発売する。

[ITmedia]

 森永乳業は3月2日、米国でヨーグルト事業を開始すると発表した。2017年7〜9月をメドに、米国向けのアロエ葉肉入りヨーグルトの新製品を販売開始する予定。発売3年目の19年に約38億円の売上高を目指すという。

 米国で発売予定の新商品は、「alove(アラブ) オリジナル」「alove ストロベリー」「alove ブルーベリー」の3種類で、想定価格は1〜1.5ドル(約115〜170円)。1994年に日本で発売後、ロングセラーとなっている「森永アロエヨーグルト」のノウハウを生かして開発したという。製造は現地企業に委託する予定。

photo 米国で発売予定の「alove」シリーズ

 同社は、現在の米国のヨーグルト市場規模が年間約5%の平均成長率で伸長しているため、拡大の余地を見込んで参入を決めたとしている。

 米国でのヨーグルトの販売は、豆腐の販売などを手掛ける現地子会社のMorinaga Nutritional Foodsが担う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集