ニュース
» 2017年03月17日 17時03分 UPDATE

EV走行性能が好評:トヨタ「プリウスPHV」 発売1カ月で1万2500台受注

トヨタ自動車の新型「プリウスPHV」の受注台数が発売1カ月で1万2500台に。立ち上がりは好調だ。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は3月17日、2月15日に発売した新型「プリウスPHV」の受注台数が約1万2500台になったと発表した。発売から1カ月で、月販目標の2500台を大きく上回る台数を受注している。

photo 新型「プリウスPHV」

 プラグインハイブリッド車(PHV)のプリウスPHVは、2012年の初代モデル発売以来、初めてフルモデルチェンジ。電気自動車(EV)として走行できる距離を先代モデルの2倍以上となる68.2キロに伸ばした。また、家庭用コンセントで充電できる装備を採用するなど、利便性を大幅に高めた。

 トヨタは、PHVをハイブリッド車(HV)に次ぐエコカーの柱と位置付け、普及に力を入れている。

 同社によると、プリウスPHVで好評なのは、EVとしての走行性能の高さ。アクセルを踏み込んでも電気のみで走行できる。また、4灯式LEDヘッドランプ、大型フロントアクリルグリルなど、独自の先進的なデザインも受け入れられているという。

photo 量産車では世界初採用の「ソーラー充電システム」。一部グレードにオプションで搭載できる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集