ニュース
» 2017年03月22日 12時35分 UPDATE

新たな排ガス疑惑:FIATの排ガス疑惑で仏検察が正式捜査開始=関係筋

自動車大手FCAの排ガス不正疑惑に対し、フランス検察当局が正式な捜査を開始した。

[ロイター]
photo 3月21日、欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の排ガス不正疑惑に関し、フランスの検察当局が正式な捜査を開始したことが21日、司法関係者の話で分かった。写真はフィアットのロゴ。スイス・ジュネーブで開かれた第87回国際モーターショーの会場で8日撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[パリ 21日 ロイター] - 欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の排ガス不正疑惑に関し、フランスの検察当局が正式な捜査を開始したことが21日、司法関係者の話で分かった。

 この司法関係者は「悪質な詐欺行為に対する司法捜査が始まったのは確かだ」と指摘。消費者問題監視当局(DGCCRF)が事件を司法に付託したことを受け、パリの検察当局が今月15日に捜査に着手したと明らかにした。

 フィアットの広報担当者は捜査に注目しているとした上で、イタリアの運輸当局が確認したように同社のディーゼル車は排出規制に完全に適合しているとの見方を繰り返した。同社は捜査に協力するとし、問題が全面的に解決することを確信するとも述べた。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

ITmedia 総力特集