ニュース
» 2017年03月22日 12時59分 UPDATE

大手が広告引き上げ:YouTube「ヘイト動画に企業広告」問題、監視強化へ

YouTubeに投稿されたヘイトスピーチ動画に企業広告を掲載した問題で、Googleは監視強化で対応。

[ロイター]
photo 3月21日、米アルファベット傘下のグーグルは、英国で動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿されたヘイトスピーチや過激主義の動画に企業などの広告を掲載した問題を受け、スタッフ増員や運営基準の見直しにより監視を強化すると明らかにした。写真はグーグルの検索ページ。ベルリンで2015年8月撮影(2017年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[ロンドン 21日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグルは21日、英国で動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿されたヘイトスピーチや過激主義の動画に企業などの広告を掲載した問題を受け、スタッフ増員や運営基準の見直しにより監視を強化すると明らかにした。

 グーグルによると、ユーチューブに投稿される動画は毎秒400時間に上る。今後は大規模な増員で動画の審査を早め、人種や宗教などに基づき他人を攻撃する内容を含んだ動画には広告を掲載しないようにする。

 この問題では、スーパーマーケットや銀行など英大手企業がユーチューブから広告を引き揚げる事態になっていた。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

ITmedia 総力特集