ニュース
» 2017年03月28日 05時30分 UPDATE

都市伝説か:「長屋王の呪いか」 奈良の商業地、閉店相次ぐ (1/4)

奈良市の総合スーパー「イトーヨーカドー奈良店」が平成29年度中に閉店することが決まった。同地は、奈良時代に非業の死を遂げた権力者・長屋王の邸宅跡に当たる。相次ぐ閉店をめぐり、ネットなどで「長屋王の呪いでは」とのうわさも。

[産経新聞]
産経新聞

 流通大手、セブン&アイ・ホールディングス(HD)が運営する奈良市の総合スーパー「イトーヨーカドー奈良店」が平成29年度中に閉店することが決まった。12年に閉店した百貨店「奈良そごう」跡地に市民の期待を受けて開店したが結局、業績低迷から脱することはできなかった。中心市街地から外れた同地は、奈良時代に非業の死を遂げた権力者・長屋王の邸宅跡に当たり、相次ぐ閉店をめぐってはネットなどで「長屋王の呪いでは」とのうわさもまことしやかに流れる。あと地には再び複合商業施設が計画されているが、果たして“呪い”は解けるのか。

「長屋王の呪い再び……」

 「ヨーカドー奈良店、閉店へ」−。一報が各紙で報じられた3月8日、短文投稿サイト「ツイッター」上には、「思い出いっぱいなのに悲しい」といった地元住民の落胆の声とともに、こんなつぶやきがあふれた。

 「長屋王の呪い再び……」「きっと長屋王の怒り」「原点に返って長屋王一族慰霊施設建てようぜ」――。

 奈良店が位置するのは、奈良時代の天皇の住まいや官公庁が集中していた平城宮跡の東南角。同地からは、奈良そごう建設を目前に控えた昭和61年以降の発掘調査で、「長屋親王宮」などと記された3万5000点以上の木簡が出土し、皇族政治家、長屋王(?〜729年)の邸宅跡であることが分かった。

 長屋王といえば、皇位継承をめぐり、藤原不比等らの陰謀で「謀反を企てている」との密告を受け、自刃に追い込まれた“悲劇の宰相”。今回の閉店も、そんな長屋王の怨念によるのでは−との冗談とも言えないうわさが流れたわけだ。

平成29年度をめどに閉店するイトーヨーカドー奈良店。“長屋王の呪い”との都市伝説も=奈良市
       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集