ニュース
» 2017年03月28日 15時09分 UPDATE

想定以上の時間必要:中央線のグリーン車計画、「数年程度」延期 JR東が発表

JR東は2020年度スタートを目指していた中央線快速電車のグリーン車サービスを数年程度延期する。

[ITmedia]

 JR東日本は3月28日、2020年度スタートを目指していた中央線快速電車(東京〜大月)のグリーン車サービスを数年程度延期すると発表した。

photo グリーン車のイメージ=発表当時のニュースリリースより

 一部駅のバリアフリー化などほかの施策との調整や、関係箇所の協議などに想定以上の時間が必要になることが分かったため、当初の工事計画から一部見直しが必要になるという。サービス開始時期は設計見直し後に改めて公表する。

 これに伴い、19年秋を目指していた青梅駅新ホームの完成時期も、設計見直しに伴い数年程度延期する。

photo グリーン車の導入計画

 グリーン車サービスは、快速電車(E233系)の東京寄り4、5両目に2階建てグリーン車を増結するもの。快速が停車する44駅のホーム延長工事などに着手していたが、御茶ノ水駅のバリアフリー化工事と重なることや、江戸城の遺構調査などに時間がかかるることが判明し、計画の見直しを迫れていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集