ニュース
» 2017年03月30日 11時31分 UPDATE

AIを搭載:「Galaxy S8」発表 Samsung、発火問題からの失地回復狙う

Samsungが「Galaxy S8」を発表。「Note 7」の発火問題で追い込まれた同社の失地回復なるか。

[ロイター]
photo 3月29日、韓国のサムスン電子は、ニューヨークで開催したメディアイベントで、新型スマートフォン「ギャラクシーS8」を発表した。写真は同地で撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ソウル/ニューヨーク 29日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は29日、ニューヨークで開催したメディアイベントで、新型スマートフォン「ギャラクシーS8」を発表した。

上級スマホの新製品を披露するのは、「ノート7」の発火問題でリコール(回収・無償修理)に追い込まれた昨年9月以来。ライバルの米アップルが年内にスマホ「iPhone(アイフォーン)」を大幅刷新するとみられる中、ギャラクシーS8で失地回復を急ぐ。

S8はほぼ全面がパネルで、本体の四隅に丸みをつけた。サイズは6.2インチ(15.75センチ)と5.8インチの2種類。4月21日に発売する。

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションとTモバイルUSはギャラクシーS8の小売価格を発表。両社とも小さいサイズは約700ドル、大きいサイズはベライゾンが840ドル、Tモバイルが850ドルとした。

S8は「ビクスビー(Bixby)」と呼ばれる新たな人工知能(AI)サービスを搭載。アップルの「シリ(Siri)」のような、音声による支援システム機能を盛り込んだ。また最新の顔認識技術を駆使し、ユーザーが目を向けるだけでロックを解除できるようにした。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集