ニュース
» 2017年03月31日 16時16分 UPDATE

不思議な国、ニッポン:海外勢の日本株売り加速 「安倍退陣リスク」警戒も (1/2)

海外勢の日本株売りが加速している。安倍首相の退陣を「スーパーテールリスク」として織り込み始めたとの指摘も出ている。

[ロイター]
photo 3月31日、海外勢の日本株売りが加速している。「トランプラリー」における買い越し額の約半分を売却した。ドル建て日経平均が17年ぶりの高値水準にあるなど、リスクオフ局面で益出ししやすいのが主因だ。写真は安倍晋三首相。ローマで21日撮影(2017年 ロイター/Remo Casilli)

[東京 31日 ロイター] - 海外勢の日本株売りが加速している。「トランプラリー」における買い越し額の約半分を売却した。ドル建て日経平均が17年ぶりの高値水準にあるなど、リスクオフ局面で益出ししやすいのが主因だ。だが、森友学園問題など国内の政治不安定化を背景に、安倍晋三首相の退陣を「スーパーテールリスク」として織り込み始めたとの指摘も出ている。

<円高と日銀が支えるドル建て日本株>

海外投資家は、昨年11月の米大統領選後、12月末までに日本株を現物と先物を合わせて約3.9兆円買い越した。だが、今年に入り方向転換。年初からの累計売り越し額は約2兆円に達している。特に直近の3月第4週は、9533億円と1年ぶりの大きさになった(以下の表参照)。

オバマケア代替法案を巡り、トランプ米大統領の政治手腕への不安が台頭。世界的なリスクオフの広がりが、海外勢の売りの背景だ。日経平均でみた年初からの日本株パフォーマンスは、世界の主要株価指数の中でワーストの部類に入るなど、日本株に対する海外勢の売り圧力が目立っている。

リスクオフ局面における海外勢による日本株売りには理由がある。円ベースの日本株はさえないが、ドルベースの日経平均は170ドル付近と17年ぶりの高水準にあるためだ。ラフな言い方をすれば、2000年以降、ドル建てで日本株を買った海外勢は、ほぼ全員利益が出ているといえる。

ドル建て日経平均が高いのは、円高と日銀の影響が大きい。対ドルで年初から約4%円高が進む一方、円ベースの日本株は、日銀のETF(上場投資信託)買いで支えられている。日銀は年初から約1.7兆円購入しており、海外勢の2兆円の売りを一手で吸収している構図だ。

円高と日銀が支えてくれる日本株。海外勢としては売りやすい。「円高は日本企業の業績懸念を強めるデメリットもある。海外勢にとって、日本株はリスクオフ局面では利益確定売りの対象になりやすい」と、JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル・マーケット・ストラテジスト、重見吉徳氏は話す。

       1|2 次のページへ

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

ITmedia 総力特集