ニュース
» 2017年04月04日 11時36分 UPDATE

ウワサの現場:TBSに「人の皮を被った化け物」と報じられたホームレスの素顔 (1/5)

多摩川河川敷に住み、犬を多頭飼いするホームレスの男性(70)について、TBSが「犬男爵」「人間の皮を被った化け物」などと報じたが、男性を直撃してみると、意外な素顔が垣間見られた。

[産経新聞]
産経新聞

 多摩川河川敷に住み、犬を多頭飼いするホームレスの男性(70)について、TBSが「犬男爵」「人間の皮を被った化け物」などと報じた。TBSは「やらせ」や不適切な表現があったことを謝罪したものの、男性に付いたイメージを払拭するものではない。果たしてどんな人物なのか。この男性を直撃してみると、意外な素顔が垣間見られた。(社会部 天野健作、写真も)

竹やぶに住むホームレス

photo ホームレスの男性が暮らす現場。ごみなどが散乱している=3月下旬、東京都調布市の多摩川河川敷

 東京都調布市の多摩川河川敷の竹やぶの中に目指す場所はあった。周囲は公園で、ジョギングする人や弁当を広げ談笑する家族連れもいた。電話などでアポが取れるはずもなく、直撃するしかない。

 ワン、ワン、ワン。ごみなどが散乱した竹やぶに一歩足を踏み入れると、盛んに犬が吠え始めた。

 すみません−。入り口とおぼしき板の前で声をかけるも、音沙汰なし。さらに踏み入れると犬の吠え声が一層大きくなった。すると、帽子をかぶって汚れた服装の男性が出てきた。こちらが名乗って話を聞きたいと告げると、「ちょっとそちらへ出ましょうか」。すんなり取材を受け入れてくれた。竹やぶから少し離れると、犬の吠え声がぴたりとやんだ。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集