ニュース
» 2017年04月05日 05時30分 UPDATE

おみくじも多言語化:「正露丸」も翻訳、スマホで観光案内 (1/2)

訪日観光客による消費が急増する中、商品や観光地に関する情報を多言語で紹介するサービスが広がっている。「通訳」を務めるのはスマートフォンやタブレット端末、パッケージなどにかざすと画面に詳しい説明が表示される仕組みだ。

[産経新聞]
産経新聞

 訪日観光客による消費が急増する中、商品や観光地に関する情報を多言語で紹介するサービスが広がっている。「通訳」を務めるのはスマートフォンやタブレット端末だ。パッケージなどにかざすと画面に詳しい説明が表示される仕組みで、おみくじに活用する神社も登場した。訪日客は安心して買い物や観光ができるようになり、店員の負担も軽くできそうだ。

海外販路の拡大にも

 ドラッグストアの売り場に並ぶ胃腸薬「正露丸」。商品棚の前に貼り付けられた「QRコード」にスマホやタブレット端末をかざすと、商品写真と詳しい効能や用法用量の商品情報が、英語や中国語、韓国語、タイ語など複数の言語に翻訳されて表示される。

 正露丸を販売する大幸薬品が2016年9月から始めたサービスだ。現在、東京と関西、福岡のドラッグストアで展開している。

 同社マーケティング部の佐藤由佳子さんは「以前から、店頭で訪日客に商品説明がうまくできない、という声があがっていた。こういったサービスを通じてインバウンド(訪日客)消費を促したい」と話す。さらには「訪日客から広まって、海外市場の拡大にもつなげていけたら」と期待を込める。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集