ニュース
» 2017年04月12日 11時00分 UPDATE

月額2900円から:見守りサービスも ホームセキュリティ契約急増 (1/2)

高齢者の見守りサービスや防犯センサーの数を減らして価格を抑えたものなど、ホームセキュリティのサービスが多様化してきた。家を留守にしがちな共働き世帯や高齢者世帯は今後も増えるとみられ、普及を後押ししそうだ。

[産経新聞]
産経新聞

 空き巣狙いなどの侵入者に備えるホームセキュリティのサービスが多様化してきた。高齢者の在宅状況を把握できる見守り機能をつけたものや、防犯センサーの数を減らして価格を抑えたものもあり、利用者の裾野を広げている。家を留守にしがちな共働き世帯や高齢者世帯は今後も増えるとみられ、普及を後押ししそうだ。(大島直之)

5年で1.5倍

 「新生活が始まる春は契約数が伸びる。最近は新築住宅向けだけでなく、後付けも多い」。警備会社、ALSOKの関西営業部担当次長の鍵元智之氏は、ホームセキュリティのニーズの高まりをこう話す。

 同社の基本的な商品にあたる「ホームセキュリティBasic(ベーシック)」は、ドアや窓の開閉、室内、施錠などをセンサーが監視し、異常を感知すると、警備員が25分以内に駆け付けるサービス。盗難のほか、侵入者と居住者が家で鉢合わせになり、けがを負わされるようなリスクを減らす。

 4LDKの戸建て住宅で、月額は6870円(税別、機器レンタルの場合)と料金は安くはないが、安全・安心を求める家庭からの引き合いは多い。

 シンクタンクの富士経済によると、ホームセキュリティの契約件数は、平成29年には約220万件にのぼり、24年の1.5倍になると見込んでいる。

 料金を抑えて、新規契約を伸ばしてきた会社もある。

 関西電力と東洋テックが共同出資して平成13年に設立した「関電セキュリティ・オブ・ソサイエティ(関電SOS)」は、事業開始以来、月額5400円(税別、機器レンタルの場合)でサービスを提供。機器買い取りの場合は2900円(税別)に料金が下がる。参入当時は月額1万円程度が相場だったホームセキュリティに価格破壊を起こしたことで知られる。

 設備は、窓や玄関にはセンサーを取り付けず、感熱式の空間センサー2個と通報用の非常ボタン1個で構成。シンプルにしたのが特徴で、関電SOS営業部長の竹岡康樹氏は「必要最低限の機能に絞り込み、手が届きやすい料金にした」と話す。

高齢者見守りサービス用のリモコンがついたホームセキュリティシステム=大阪市浪速区の東洋テック(南雲都撮影)
       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集