ニュース
» 2017年04月13日 11時10分 UPDATE

尼崎市で騒動:「これは丸パクリ」そっくりロゴ、行政VS.商店主団体 (1/5)

兵庫県尼崎市が作成した、近松門左衛門をモチーフにしたロゴマークのそっくりさんが存在。市内の商店主らでつくる団体のものだが、専門家は「明らかなパクリ」と明言する。

[産経新聞]
産経新聞

 兵庫県尼崎市が作成した江戸時代の人形浄瑠璃作家、近松門左衛門をモチーフにしたロゴマークに?そっくりさん?の存在が明らかになった。酷似したロゴマークの出どころは市内の商店主らでつくる「尼崎あきんど倶楽部」。市のロゴは公募で平成2年に誕生、同倶楽部は11年ごろから使用を始めたとみられ、「市の了解も得ている」と主張するものの記録は残っていない。知的財産権に詳しい専門家が「明らかなパクリ」と明言するロゴ。市はロゴの変更を求めているが、果たして解決の糸口は…。(沢野貴信)

無断改変は著作権侵害

photo 兵庫県尼崎市が平成2年から使用している近松門左衛門をモチーフにしたロゴマーク(右)と酷似した「尼崎あきんど倶楽部」のロゴマーク。倶楽部側は「市の了承も得ている」と主張しているが…

 「知れば知るほどあまが危機」

 昨年9月、尼崎市議が作成した市政を揶揄(やゆ)する市政報告のビラが問題になった。発端は市民からの通報。もとは昨年、市制100周年を記念して市が作ったロゴのコピー「知れば知るほどあまがすき」。笑顔になるようデザインされた「100」の文字も泣き顔に変えられた。

 市が問題視したのは無断で市のロゴを改変、使用したことだ。市議もブログで反省の言葉を載せ、著作権侵害問題は一件落着と思われたが、騒動は別のところにも転がっていた。

 市内の商店主らでつくる異業種交流団体「尼崎あきんど倶楽部」のロゴが、市が平成2年から使用するロゴとそっくりだったのだ。

 市のロゴは近松の「ちょんまげ」と尼崎市の頭文字の「a」をモチーフにデザインされた。色は単色。一方、あきんどのロゴは「商」の文字が加わり、円の周囲に「尼崎あきんど倶楽部」「尼崎商工会議所」の文字が配置され、単色だったロゴは青と緑の2色になっている。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集