ニュース
» 2017年04月20日 05時30分 UPDATE

IC乗車券「関西ワンパス」は2000円:大阪好きやねん 関西訪日外国人の滞在時間断トツ

近畿運輸局と関西経済連合会などは18日、2016年4月から試験販売した訪日外国人向けIC乗車券「関西ワンパス」の利用状況の分析結果を発表した。利用者は大阪や京都で1〜3泊する一方、兵庫や奈良は日帰りしている実態が浮き彫りになった。

[産経新聞]
産経新聞

 近畿運輸局と関西経済連合会などは18日、2016年4月から試験販売した訪日外国人向けIC乗車券「関西ワンパス」(KANSAI ONE PASS)の利用状況の分析結果を発表した。利用者は大阪や京都で1〜3泊する一方、兵庫や奈良は日帰りしている実態が浮き彫りになった。

 調査対象は16年12月までに関西ワンパスを利用した約4万2000人。分析によると、関西2府4県で、同一府県の駅を続けて出入りした時間差で滞在時間(中央値)を測ると、大阪府が62.5時間、京都府が25.5時間に対して、兵庫県は6.5時間、奈良県は4.7時間だった。

 また、京都市を訪問した当日の最終降車駅は57.9%が京都府だったのに対して、奈良市の場合は72.8%、神戸市の場合は70.4%が大阪府で降りた。

 近畿運輸局は「特に奈良の宿泊施設不足が背景にある。夜の大阪の街が人気を集めていることも要因では」と説明する。

 関西ワンパスは1年で目標の6万枚をほぼ完売。今月17日からは、価格を3000円から2000円に値下げしてレギュラー販売を始めた。

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集