調査リポート
» 2017年04月20日 15時53分 UPDATE

男女、年代、地域で差:日本に「幸せ格差」あり 男性の方が幸せな県はどこ?

住民の幸福度調査を地方創生幸福度調査検討委員会(事務局:パイプド総研)が実施。全体の平均値は6.64点だが、男女、年代、地域別に「幸せ格差」が見られた。

[ITmedia]

 地域・年齢別で住民の幸福度にどのような違いがあるのか――パイプド総研が4月20日、調査結果を発表した。男女、年代、地域別に「幸せ格差」があるという。

 「とても幸せ」を10点、「とても不幸せ」を1点とし、現在の幸福度を点数化して回答を募った。その結果、男性よりも女性の方が幸福度が高い傾向があった。最も多い回答は「8点」(29.2%)だが、5点未満の回答も多く、個人間にも「幸せ格差」が見られる。

 世代別では、60〜70代の幸福度が7〜7.5点前後と高いのに対し、20〜50代の幸福度は6.5点前後にとどまった。

パイプド総研の幸福度調査(=パイプド総研)

 地域別でも、男女の幸福度実感に差があった。全国的な傾向とは逆に、男性の方が女性よりも幸せを感じている都道府県は10県あり、徳島県、山梨県、長崎県、香川県、茨城県、福井県、青森県、福島県、富山県、秋田県だった。

 調査期間は1月25日〜2月15日。Web上で2万659人が回答した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集