ニュース
» 2017年04月21日 11時14分 UPDATE

脳にチップ埋め込み:Facebook、「思い浮かべた文字」をタイプする技術開発

Facebookは、脳にチップを埋め込むことで、頭に言葉を思い浮かべるだけでタイプできる技術を開発している。

[ロイター]
photo 4月19日、米フェイスブックは、脳にチップを埋め込むことで、頭に言葉を思い浮かべるだけでタイプできる技術を開発していると明らかにした。写真はハードウエア部門「ビルディング8」責任者のレジーナ・デューガン氏(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[サンノゼ(米カリフォルニア州) 19日 ロイター] - 米フェイスブックは19日、脳にチップを埋め込むことで、頭に言葉を思い浮かべるだけでタイプできる技術を開発していると明らかにした。何年か先になる見通しだが、将来的には障害者支援に役立てることが期待できるほか、同社の収益源多様化にもつながる可能性がある。

同社は長期的な研究開発を目的に昨年、ハードウエア部門「ビルディング8」を設立した。責任者のレジーナ・デューガン氏はグーグルで同様のチームを率いた経験があり、米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)で責任者を務めた経歴も持つ。

デューガン氏によると、脳のインプラントにより、すでに1分間で8語のタイプが可能。100語が打てるようになることが目標で、「電話を取り出さなくても、友達に文字メッセージを送ることが可能になる」という。同氏はソフトウエア開発者向け会議「F8」で、「不可能のように思えるかもしれないが、あなたがたの想像よりは実用に近づいている」とも述べた。

同社は昨年、ハードウエアに関する共同研究開発でハーバード大学など17の大学と提携した。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

新着記事

注目のテーマ

ITmedia 総力特集