ニュース
» 2017年04月21日 11時29分 UPDATE

人気ソフト計画的投入が奏効:任天堂「Switch」絶好調、1カ月で推計60万台販売 (1/2)

任天堂が約4年ぶりに発売した新型ゲーム機「Nintendo Switch」が好調だ。

[産経新聞]
産経新聞

 任天堂が約4年ぶりに発売した新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドー スイッチ)」が好調だ。3月3日の発売から1カ月以上たった現在も店頭では品薄が続く。ソフトを開発しやすくする仕組みや、人気ソフトを計画的に投入するマーケティング戦略が奏功し、ゲームファンを引きつけている。

 家電量販店の多くは発売後、予約を受けず、入荷するたびに抽選販売などで対応している。量販店のヨドバシカメラ、ビックカメラはこれまで4回ずつ入荷し、即日完売した。ビックカメラの担当者は「問い合わせが絶えない」という。

photo 「ニンテンドー スイッチ」を求め、量販店のレジに並ぶファンら=3月3日、大阪市北区(山田哲司撮影)

「1千万台の壁」超えるヒットの可能性も

 ゲーム雑誌「ファミ通」によると、発売から1カ月(3月3日〜4月9日)の推定販売台数は60万1904台。前機種「WiiU(ウィー・ユー)」は22日間で83万台、その前の「Wii(ウィー)」は29日間で114万台を出荷しており、スイッチの方が少ないが、前2機種の発売は12月の年末商戦にあたった。浜村弘一・ファミ通グループ代表は「スイッチの勢いは歴代ゲーム機の中でかなり高い」という。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

新着記事

注目のテーマ

ITmedia 総力特集