ニュース
» 2017年04月25日 05時30分 UPDATE

一時休業する漁師も:琵琶湖からアユが消えた “異変”の正体は? (1/3)

琵琶湖のアユがかつてない不漁に陥っている。昨秋にはアユの産卵量が平年値の倍以上観測され豊漁が期待されたが、漁獲量は28年の10分の1程度。果たして、琵琶湖のアユはどこへ消えたのか。

[産経新聞]
産経新聞

 琵琶湖のアユがかつてない不漁に陥っている。昨秋にはアユの産卵量が平年値の倍以上観測され、平成29年初めからの漁でも豊漁が期待されたが、ふたを開けてみれば漁獲量は28年の10分の1程度。深刻な事態を受けて滋賀県が原因を調査したところ、気候の影響で成育が遅れているらしいことが分かったが、他にも植物プランクトンの大量発生が影響している可能性も指摘され、原因の特定には至っていない。「早くなんとかしてほしい」。中には休業に追い込まれた漁師もおり、漁協関係者らはいらだちを募らせる。果たして、琵琶湖のアユはどこへ消えたのか。(江森梓)

豊漁と思いきや……

 「45年漁師をやっているけど、こんなことは初めて。最悪の事態や」

 大津市でアユ漁を営む竹端五十夫さん(62)はこう嘆く。船を出してもアユがほとんど捕れないため、アユ漁を一時休業し、フナ漁に切り替えた。

 「隣の漁師はまだ続けているけど、捕れても1回当たりに1〜2キロ。船のガソリン代の方が高くついてしまっている。もうどうしようもない」

 琵琶湖のアユ漁は毎年12月から始まり、年明けから本格化する。県漁連によると、29年は1〜3月の琵琶湖の活アユ漁獲量が1051キロで、28年同時期(1万2377キロ)の10分の1以下だった。

 一方、県水産試験場が昨秋に琵琶湖周辺の主要な河川でアユの産卵状況を調べたところ、推計産卵数は平年値(106億粒)の倍以上の213.8億粒だった。このため一部関係者の間では、豊漁を期待する声も上がっていたのだが……。

琵琶湖で大量発生した植物プランクトン「ミクラステリアス ハーディ」。アユの不漁に関係しているのか(滋賀県琵琶湖環境科学研究センター提供)
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集