ニュース
» 2017年04月25日 16時19分 UPDATE

現在は国内5車種:日産、「NISMOロードカー」事業を拡大 車種拡充へ

日産がスポーツブランド「NISMOロードカー」事業を拡大する。

[ITmedia]

 日産自動車は4月25日、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」事業を拡大すると発表した。現在、「GT-R」など世界で7車種を展開するラインアップを拡充するほか、投入地域も広げる計画。現在の年間販売台数は1万5000台だが、将来は大幅に引き上げる考えだ。

photo GT-R NISMO

 専用パーツやチューニングでスポーティーな走りを強化し、信頼性や耐久性を日産純正品質で保証するファクトリーカスタムカー。スポーツタイプ多目的車(SUV)「ジューク」のNISMO版を2013年に発売したのを皮切りに、GT-R、「フェアレディZ」「ノート」「マーチ」の5車種を国内で展開している。

photo ノート NISMO
photo 国内は5車種を展開

 海外では北米、欧州、中近東で販売しており、「セントラ」「パトロール」も加わっている。

 今後、各市場のコアとなる新たなセグメントにもNISMOを拡大。投入市場も広げてグローバル展開し、各地域の販売車種も拡充する。

photo NISMOロードカーを手がけてきたオーテックジャパンに「ニスモ・カーズ事業部」を新設

 車種を拡充するため、NISMOロードカーの企画・開発を担当する「ニスモ・カーズ事業部」を、日産グループで特装車両を手がけるオーテックジャパンに新設。日産、オーテックジャパン、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)など日産グループの人材を結集し、スピーディーな開発を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集