ニュース
» 2017年05月10日 17時42分 UPDATE

客足大きく回復:好調マクドナルド、通期業績見通しを上方修正

日本マクドナルドホールディングスが、2017年12月期通期の連結業績予想を上方修正した。

[ITmedia]

 日本マクドナルドホールディングスは5月10日、2017年12月期通期の連結業績予想を上方修正し、営業利益が当初予想から60億円増の150億円になる見通しだと発表した。前年実績(69億円)から2倍超の大幅増益になる。メニューや店舗の改革が進み、足元の業績が好調に推移しているため。

photo 4月には新レギュラーメニュー「グラン」を発売

 売上高は当初予想から95億円増の2460億円を見込み、前期(2266億円)から8%増。一部の貸倒引当金について戻入益を見込むため、純利益は60億円増の145億円に上方修正する(前期実績は53億円)。

 同日発表した17年1〜3月期の連結決算は、売上高が前年同期比16.9%増の610億円、営業利益が約42倍の64億円になった。既存店売上高は15.5%増、既存店客数は11.3%増と、好調を維持している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集