ニュース
» 2017年05月15日 10時27分 UPDATE

数千億円規模TOBか:日本郵政、野村不動産の買収を検討

日本郵政が野村不動産ホールディングスの買収を検討。

[ロイター]
photo 5月13日、日本郵政が野村不動産ホールディングスの買収を検討していることがわかった。関係筋が明らかにした。写真は、日本郵政グループの日本郵便のロゴ。都内で1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 13日 ロイター] - 日本郵政<6178.T>が野村不動産ホールディングス<3231.T>の買収を検討していることが13日、わかった。関係筋が明らかにした。買収により不動産事業を新たな収益源としたい考え。

株式公開買い付け(TOB)で野村不動産株の過半数を取得する案が浮上している。実現すれば数千億円規模の買収となる見込み。

関係筋によると、日本郵政は野村不動産株を保有する野村ホールディングス<8604.T>と非公式の調整に入った。買収以外に資本提携にとどめる選択肢もあり、今後、交渉を本格化させる。

日本郵政は12日、当社が発表したものではないとしたうえで、「新たな資本業務提携について様々な可能性を検討しているところであり、開示すべき事実が決定された場合には速やかに公表する」とのコメントを公表した。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集