調査リポート
» 2017年05月29日 12時07分 UPDATE

知られているのは「公共料金支払い」:意外と知らないコンビニ店頭サービス、1位は?

便利なコンビニ店頭サービス、まだ知られていないものは?――マイボイスコム調べ。

[ITmedia]

 最も認知度の低いコンビニの店頭サービスは「個人向けローン・キャッシングサービス」――調査会社マイボイスコムの調査でこうした結果が出た。同サービスの認知度は5.9%。コンビニ内の一部ATMではクレジットカードを利用したキャッシングが可能だが、あまり知られていないことが分かった。

 次いで認知度が低かったサービスは「電気自動車の充電サービス」で、5.9%。コンビニ各社が政府、自動車メーカー、電力会社などと協業し、店舗の近隣に充電スタンドを設置するケースが増えているが、まだ認知度は低いようだ。

photo コンビニ店頭サービスの認知度

 このほか、「資格・検定の申し込み」(6.5%)、「クリーニング取り次ぎ」(6.6%)「コンビニ商品のプレゼント」(8.2%)などのサービスの認知度が低かった。

 一方、認知度の高い店頭サービスは「公共料金、国民年金、税金の支払い」が78.3%でトップ。「ATM」(76.7%)、「ゆうパック・宅配便」(71.2%)、「コピー・ファクス」(70.7%)と続いた。

 マイボイスコムは「行政関連サービスの認知度が増加傾向にある。また、若年層を中心に、電子マネーのチャージや文書のプリントサービスの認知度も高まっている」とみている。

 実際の利用率が高い店頭サービスは「公共料金、国民年金、税金の支払い」(40.6%)、「ATM」(37.3%)、「切手やはがきの購入」(32.7%)など。

photo コンビニ店頭サービスの利用率

 利用するコンビニチェーンは「セブン-イレブン」が76.9%と、「ローソン」「ファミリーマート」を大きく上回った。

 ただ、回答者に店頭サービスについての感想を聞いたところ、「店員さんが新しいサービスを覚えるのが大変そう」「混雑時はチケットや荷物の受け取りがやりづらい」などの声が集まる結果に。コンビニ各社は、スタッフ教育や導線の整備を徹底することがサービス普及のカギになりそうだ。

 調査は、4月1日〜4月5日にかけて、1万921人を対象にインターネット上で実施した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集