ニュース
» 2017年05月31日 11時27分 UPDATE

「ホーーーー、ホワホワ!」:オタ芸で曲が聞こえない コンサートやり直し求め法廷闘争 (1/5)

アイドルのライブで繰り広げられた「オタ芸」の渦の中で、男性は孤立し、そしてキレた。「何にも聞こえん!」。主催者側にコンサートのやり直しや約100万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたが……。

[産経新聞]
産経新聞

 リズムに合わせて激しくペンライトを動かし、大声で合いの手を入れる−。アイドルのライブで繰り広げられた「オタ芸」の渦の中で、男性は孤立し、そしてキレた。「何にも聞こえん!」。神戸のご当地アイドルのコンサートをめぐって、過度なオタ芸のせいで歌声や演奏が聞こえなかったとして、観客の男性が主催者側にコンサートのやり直しや約100万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。男性は「歌詞が3分の1も聞こえない曲があるのは論外だ」と憤慨し、主催者側に退場させる義務があったと主張した。しかし一審神戸地裁ではあえなく敗訴。二審では憲法論議まで展開し、全面的に争ったが…。

オタ芸の激流の中で…

photo アイドルのコンサート会場。自席の周囲で繰り広げられた「オタ芸」の渦の中で、「曲が聞こえない」とキレた男性。コンサートのやり直しや損害賠償を求めて主催者側を提訴したが…

 原告は兵庫県内に住む40代の岩田弘さん=仮名。訴えられたのはコンサートを主催したラジオ関西(神戸市)とNPO、神戸市内を拠点に活動するご当地アイドル「コウベリーズ」のメンバー(当時)だ。

 訴訟記録によると、岩田さんは約20年にわたり、さまざまなアイドルのコンサートを鑑賞。その数は約400回に上る。そんな岩田さんがコウベリーズのコンサートを観に行ったのは今から約3年前の平成26年1月のこと。チケット代金は2千円だった。

 会場は神戸市内のコンサートホール。自由席だったため、岩田さんは前から4列目の真ん中付近の座席を選んだ。岩田さんの訴えによると、当日の観客のうち熱狂的なオタ芸を繰り返すファンは全体の約1割で、そのほとんどが前4列に集中していた。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集